[日記]「知ってる」と「出来てる」は別モノ

日記

こんにちは、夢路キリコです。
ただいま病院の待ち時間につき、その間にブログを書いています。

実は今日はとってもショゲています…;

昨夜、足の小指のツメを引っ掛けてしまいました。
バーンしたので結構イタイ…;(あえて詳細はボカす)

ショゲているのは、何も「痛いから!」ではありません。
コケた自分を「バカだなー」と思っているからでもありません。

私がショゲている理由は、
「用事いっぱいあるからって部屋を資材でとっ散らかして、非効率的極まれる死んだ動線の中でアレもコレもと用事を進めちゃう選択をしていた!」という自分にショゲているのです。

そもそも人間は【マルチタスクは出来ない生物】です。
というか、本人が「並行作業できてる!」と思い込んでいるだけだそうです。
おーなんてこったい。

実際のトコロは、効率も精度も速度もゴミ以下になるとあちこちの国の研究結果ですでに判明しております。
なんと悲しきかな。

で、すでに私はそれを ”知ってた” !!!!!
なのにポカーンと忘れて【並行作業】という愚かな選択を再び無意識にチョイスしてしまっていたわけです。

もうなんという思い上がり!
メチャクチャ恥ずかしい!;
私がこれでショゲないわけがない。

知識を ”知っている” と ”出来ている” はまったく違います。
私は “出来てる(実践できてる)” 人間に憧れてるし、自分もなりたいと思っているので、色んな小さなコトを習慣化するために毎日チマチマ年単位をかけてクセ付けを重ねています。

そんな中でこの有様ですよ!(笑)
本当 “横着はクソ仕事を増やす” でございます!

というわけで、
爪バーンのおかげで現在の己がいかに横着ライフを選択していたのか気付けました。
自分まだまだ「知ってる」だけの人間だったんだなぁ…と思い知ったと同時に、書道教室で「一筆一筆、丁寧にね」という先生の言葉をフッと思い出したのでした。

また今日から気を取り直して行きたいと思います♬
この季節の変わり目、皆様も私みてーな ”ウッカリ” にはどうかお気をつけくださいませ。

ではでは
また次の記事でお会いしましょう。

夢路キリコ